ドラゴンの運命(魔術師の環 第三巻) — Ebook

「魔術師の環には、直ちに人気を博す要素がすべて揃っている。陰謀、敵の裏をかく策略、ミステリー、勇敢な騎士たち、深まっていく人間関係、失恋、偽りと裏切り。すべての年齢層を満足させ、何時間でも読書の楽しみが続く。ファンタジーの読者すべての蔵書としてお勧めの一冊。」 - ブックス・アンド・ムービー・レビューズ、ロベルト・マットス

ドラゴンの運命(魔術師の環 第三巻)は、 ソアが戦士になるための壮大な旅、火の海を越え、ドラゴンの棲むミスト島に向かう旅路へと読者をいざなう。世界中のエリート戦士たちが集まる過酷な地で、ソアの力と技は鍛えられ、磨かれていく。想像を絶する敵に共に立ち向かう仲間との友情も深まる。だが、考えも及ばぬ怪物たちに直面したとき、百日間は単なる訓練から生死を分かつ事態へと変わる。誰もが生き残れる訳ではない。

その過程で、ソアが見る夢、アルゴンとの不思議な邂逅は引き続きソアを悩ませる。自分が何者なのか、母親は誰なのか、自分の力の源が何なのか突き止めなければ、という思いに駆り立てられる。どんな運命が待ち受けているのか?

リングでは状況がますます悪化していく。ケンドリックが投獄され、グウェンドリンは彼を救えるかどうか、ガレスを失脚させてリングを救えるかどうかが自分にかかっていると悟る。兄のゴドフリーと共に父の暗殺者につながる手がかりを探すうち、共通の目的を持つ二人の絆は強まるが、グウェンドリンは捜査に深入りし過ぎたために身に危険が迫っていることに気づく。彼女は、手に負えない状況に陥ってしまったのかも知れない。

ガレスは運命の剣を振るってみせるつもりでいる。王であるとはどういうことかを知り、権力の乱用から酒に溺れるようになる。そして被害妄想から情け容赦ない統治を行う。 暗殺者の包囲網が狭まる頃、マクラウドによるリング内での攻勢が活発になってくる。宮廷は一層不安定な状態に置かれる。

グウェンドリンはソアと共に過ごし、愛を育てるため、彼の帰還を待ち焦がれる。だが強い勢力が二人の間に立ちはだかり、その日がやってくるかは定かでない。

ソアは百日間を生き延びられるだろうか?宮廷は崩壊してしまうのか?マッギルの暗殺者は見つかるか?グウェンドリンはソアと結ばれるだろうか?そして、ソアは自分の運命の秘密を知ることができるのだろうか?

物語の世界構築と人物設定に磨きをかけた「ドラゴンの運命」は、壮大な物語。友達、恋人、ライバル、求婚者、騎士とドラゴン、そして陰謀、策略、成年、失恋、欺瞞、野心と裏切りを描く。栄誉、勇気、運命そして魔術の物語である。忘れることのできない世界へ読者を引き込む、すべての人を魅了するファンタジー。

「冒頭から読者の注意を引いて離さない・・・テンポが速く、始めからアクション満載のすごい冒険がこの物語のストーリー。退屈な瞬間など全くない。」 - パラノーマル・ロマンス・ギルド(「変身」評)

「アクション、ロマンス、アドベンチャー、そしてサスペンスがぎっしり詰まっている。このストーリーに触れたら、もう一度恋に落ちる。」 - vampirebooksite.com (「変身」評)

Détails du livre numérique

Format de fichier Protection Services 7switch
ePub Aucune Aucun
Mobipocket Aucune Send-to-Kindle
Version Web Aucun

Commentaires

13,99 USD