王の行進 (魔術師の環 第二巻) — Ebook

「息をのむ、新しい壮大なファンタジーシリーズ。モーガン・ライスが再び放った傑作!この不思議な冒険の物語はJ・K・ローリング、ジョージ・R・R・マーティン、リック・リオーダン、クリストファー・パオリーニ、そしてJ・R・R・トールキンなどを髣髴とさせる。読み始めたら止められない!」--アレグラ・スカイ、ベストセラー”SAVED”の著者

「王の行進」はソアの冒険の旅を一歩先に進め、成人する過程を描く。自分が何者なのか、どんな力を秘めているかが次第に明らかになっていく。そして戦士になるための道を歩み始める。

地下牢から脱出後、ソアはマッギル国王暗殺の企みが再びあったことを知り、恐怖におののく。マッギルの死後、王国は混乱に陥る。誰もが王座を狙うなか、宮廷は家族のドラマ、権力闘争、野心、嫉妬、暴力そして裏切りに翻弄される。子どもたちの中から継承者を選ばなければならない。そして皆の力の源である古代の運命の剣は、新しい者が手にする可能性が出てくる。だが、こうしたことのすべてが覆るかも知れなかった。殺人の凶器が見つかり、暗殺者捜索の営みが強化された。同時にマッギル家は、リング内から再び攻撃を仕掛けようとするマクラウドの脅迫に直面する。

ソアはグウェンの愛を取り戻そうとするが、時間がない。戦友たちと共に、リージョンの団員が全員生き延びなければならない地獄の百日間に向けて準備するよう命じられた。彼らは峡谷を越え、リングの守護の及ばないワイルドへ入り、ドラゴンが守っていると言われるミスト島目指してタトゥビアン海を渡らなければならない。それが彼らの成年の儀式なのだ。

皆、無事に戻れるだろうか?リージョンの留守をリングは乗り切れるだろうか?そしてソアは自分の運命の秘密を知ることができるだろうか?

物語の世界構築と人物設定に磨きをかけた「王の行進」は、壮大な冒険談。友達、恋人、ライバル、求婚者、騎士とドラゴン、そして陰謀、策略、成年、失恋、欺瞞、野心と裏切りを描く。栄誉、勇気、運命そして魔術の物語である。忘れることのできない世界へ読者を引き込む、すべての人を魅了するファンタジー。60,000語。

シリーズの第三巻~第十巻も発売中です!

Détails du livre numérique

Format de fichier Protection Services 7switch
ePub DRM Adobe Digital Edition Aucun

Commentaires

4,99 USD
Offrir